www.a-marryangel.com

ついに仕かける時という局面では、準備を怠ってはならない。売買を始める前であったならば、場面を落ち着いて眺める事ができるゆとりがあります。だけれども、一度取引の内部へ踏み込んでしまうとどう工夫しても見え方が独りよがりになる場合があり肝心な時に正しい判断が分からなくなるリスクがあります。その分己のメンタルが冷静なうちにちゃんとした事前準備が重要です。この”準備”とは、自分なりの台本を作る事から始めます。この先の投資環境はこうなってああなるからユーロを取引するみたいに、あなただけのシナリオを立てていくのだ。次は日足チャートをチェックしましょう。今までのレートの値動きを見つめて現時点の値段を見ます。そうすれば、「今日は結構高すぎる水準である」とか、それとも「とっくに大多数の人々が売買しているから、この後大急ぎで買い(または売り)してもすでに間に合わないな」ということが判断できます。言うまでも無くすでに取引するのが遅いと思ったら何もしないで、きっぱりと吹っ切ることが不可欠です。どうしても自らのストーリー展開を妥協しないで、吹っ切らずにトレードすると、市場に跳ね返されて反対に損失を被ることになるリスクがあります。ただ大体のケースで準備万端の自分のシナリオを描いていれば、エントリーが手遅れという場面にはなることはありません。実際に相場が動意づく前の状態のはずです。その次にとりあえずあなた自身が売買しようと決めている売買ポジションの変化をじっくりと点検する事が大事です。例として円安が進むというシナリオを書いたのであればドルの変化に用心しておきます。為替相場の動きを注意を払い始めたばかりでは、まだその外貨ははっきりと上下動する雰囲気を見せないで上下にわずかな変化を繰り返しているだけでしょう。でも、その変動をちゃんと気をつけていると、あるポイントで確実に、ドル高へと為替相場が向い始めます。この場面でやっとドルの新規取引します。通常、そこまで計画的に準備を進めておけば、そのエントリーで利益を上げる確率は比較的大きくなるはずです。

Link

Copyright © 1996 www.a-marryangel.com All Rights Reserved.