どうしても実印が必要になりますが

自動車を手放す際や、また車の処分の際もどちらも印鑑証明がなければなりません。当日・即日の浮気調査

この印鑑証明というものについて解説していきます。

印鑑証明という書類は、ある印鑑に対して、それが実印で間違いないという事実を裏付ける目的の正式な書類です。

印鑑証明がないとその印鑑について実印として認められていることが保証できません。

高額な商談になる愛車の買い取りですから、どうしても実印が必要になりますが、それとセットで印鑑証明という書類が出てきます。

この印鑑証明を交付してもらうためにはあらかじめ印鑑証明することが必要です。

書類に登録する印は通称、実印と呼ばれ同じものが二つとないはんこであることが必須です。

この実印を手配して、最寄の役場の案内係へいけば印鑑登録の手続きができます。

印鑑登録の手続きが完了すると、印鑑登録カードというものを発行してもらえて登録が完了した印は実印ということになります。

印鑑証明書を交付してもらうには市役所などへ行き専用の用紙に必要項目を記入して印鑑登録カードを提示するだけでできます。

そして、自動交付機で印鑑証明書を交付する事が可能です。

印鑑証明そのものには有効期限はないのです。

ですのでどれだけ前の印鑑証明であっても効力はあるのです。

しかしながら、車買い取り時には、必須条件として三ヶ月以内に発行された書類でなければ無効になります。

普通は期限を定める必要はありませんが、中古車買い取りの際は買い取り先の業者が有効期限を決めているので仮に中古車買取の予定があるのならば用意しておくとスムーズに進みます。

Link

Copyright © 1996 www.a-marryangel.com All Rights Reserved.