協調介入・・・複数の通貨当局が話し合ったうえで

為替介入というのを知っていますか?日本銀行が為替介入をして新聞、雑誌、テレビ番組、ヤフーの情報で目にしたみなさんもいるでしょう。moveis para escritorio sp

元来為替介入とは我が国では、大臣(財務大臣)為替の安定性を実現するように行なう手はずとして使われています。

わかりやすく言えば、急激な円高もしくは円安が発生すると財務大臣の指令のもとに中央銀行である日銀が円を取引して為替のレートの安定性を狙う、というものです。

為替の介入とはいくつかやり方があります。

1.単独介入・・・政府・日銀が東京での市場において自ら市場に参入してきて介入をする。

2.協調介入・・・複数の通貨当局が話し合ったうえで、各銀行などが持っているお金を以て一緒ないし少しずつ外国為替平衡操作(為替介入)を実施する。

3.委託介入・・・他国の通貨当局へ為替介入(外国為替市場介入)を託す。

4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が外国の通貨当局の代わりに為替介入(外国為替平衡操作)を実行する。

このように種類があるのです。

いずれのやり方の為替介入(外国為替市場介入)も一時的、連続的に為替市場にインパクトを与えるでしょう。

為替の介入のお金は当然のことですが国家の面子をかけているのですから桁違いです。

円を例にして説明すると、日頃は数銭ずつ動いている為替相場が数円ごとの動きをします。

個人投資家の人であれば一回は経験したことがあると思うのですが、これまで上手に含み益(あるいは含み損)が増えている保有高を保持していたところ、その保有高が決済しましたという情報がFX業者の人間の発信でメールが来ました・・・どのくらい得になったのかな(損したのかな)?と気にしながら決済後のデータを確認したら自ら見込んでいた状況とはまったく反対の内容になっていて目が点になってしまうケースがあったのです。

為替介入(外国為替市場介入)が実施された時に起こりがちななのです。

このように為替介入(外国為替平衡操作)が施行されることで、為替の市場の変動とまったく逆の動向をします。

変動する金額の範囲は相当大幅に変化するため用心が必要なのです。

Link

Copyright © 1996 www.a-marryangel.com All Rights Reserved.